身長と遺伝の関連性はどのくらい?

身長と遺伝の関連性はどのくらい?

 

身長は遺伝で決まるというような話は
よく聞くことがあります。

 

両親の背が高いから子どもも背が
高いなんていうのもよく見ますよね。

 

ただ、実際のところ遺伝の身長への
影響は今では20〜30%程度しかないと
いう説が有力になってきています。

 

両親と身長が違う例も多い

 

実際に両親の身長が低かったら子どもも
低いのか、高かったら高いのかというと
実はそうでもなくて全然身長が違うと
いう例はたくさんあります。

 

親の身長を抜くなんてことはよくありますし、
逆に全く違って抜けない例なんてものも
たくさん見てますよね。

 

兄弟間で身長が10cm以上違うとか
そういった例までもあります。

 

世の中の身近な例を見ても、
実はそこまで身長と遺伝の相関関係は
強くないんじゃないかと思えるところが多いのです。

 

もちろんゼロではなく、代々高身長の家計で
あったり、スポーツ選手の家計で皆似たような
体格というところもあります。

 

ただ一般の平均においては、そこまでの差は
ないです。

 

特に身長が高い、低いといっても
せいぜい10cm程度〜の差じゃないでしょうか。
これくらいの差であれば、他の要因によって
いくらでも変わっていくものです。

 

食生活と睡眠が大事

 

特に大事なのが食生活と睡眠と
いうようにも言われています。

 

食生活はなかなか自分で
コントロールするのが難しい要素が
あるのかもしれません。

 

日本人の食生活が欧米化して身長が
高くなったということもありますし、
和食中心の生活は実は健康であっても
身長は伸びないという可能性はあるかも
しれません。

 

そして、コントロールしやすいのは
睡眠。

 

最近、若い人の身長の伸びが止まってきた
なんて言われています。

 

それにスマホ等での夜更かしという原因、
結構あると思いませんか?

 

しっかりと成長期の時期に睡眠をとれば
身長は伸びていきます。
この時期に夜更かしばかりをしていると
身長は伸びずに止まってしまうと
いうことになるんです。

 

夜更かししたり遊びたい気持ちは
十分にわかりますが、この時期は
身長が気になるなら早寝早起きを
しておきましょう。

 

栄養面はサプリメントを利用するのが
一番良いでしょう。
お金もかかるので、できればという話には
なってしまいますが、〇〇を食べるというよりも
研究された伸びる成分を取り入れた方が
可能性が高くなります。

 

こういったサプリメントがおすすめですね。

 

 

アスミール

 

フィジカルB

 

ドクターセノビル

 

 

プラステンアップ 詳細販売ページはこちら